TAG アマタニハルカ

エロ漫画 会社のマドンナとラッキーでヤれた話

優しくて明るくて、美人で・・・人気者
そんな水城先輩に嫌われたら、この会社ではやってはいけない
憧れの先輩だけれど、アタックなんて到底無理である

そんな中、僕は社内の水城先輩盗撮事件に巻き込まれてしまう。
気まずい・・・昨今のハラスメントに敏感な風潮を抜きにしても
気まずかった。

少しギクシャクしていた僕を、水城先輩は飲みに誘ってくれた。
気を遣ってくれたのだろうか?
・・・・いや、もしかしたら、彼女もまたなにか鬱憤がたまっていたのかもしれない。
まさかあんなことになるなんて、夢にも思っていなかったのである・・・!

エロ漫画 会社のマドンナとラッキーでヤれた話2 〜セフレ編〜

ある日、ラッキーが重なって一夜を共に出来た彼女ー

明るくて、優しくて、高嶺の花・・・
そんな水城さんの男に媚びるような、厭らしい雌の顔、柔らかな肢体
普段の清楚な先輩とはかけ離れた淫蕩な姿が、頭から離れない僕・・・・

でもあの日以降、水城さんとは進展がない。
結局、酔った勢いでしかなかったのだろうか?
もんもんと思い悩む日々を送る・・・・
ドクン!・・唐突に、心臓が跳ねた
来ていた
水城さんから、連絡が来ていたのである・・・・
身体の関係だけなら、いいよ・・?
憧れの先輩が欲求不満ぎみであることを知った僕は、
あらゆる体位、プレイで水城さんを犯しまくることを決意したのであった・・・・!

エロ漫画 会社のマドンナとラッキーでヤれた話3 〜ギャル3P編〜

運よく憧れの巨乳先輩、水城さんとセフレになれたの束の間・・・・
女の心は秋の空などとも言うし、僕は本当は、なんとかして水城さんと早く結婚したいと思っていた。
そんなある日、僕は想い人の水城さんに、彼女の親友の愛美先輩も交えて会わないかと持ちかけられてしまう。愛美先輩も美人だから嬉しいは嬉しいのだが・・・

3Pをほのめかされたり、中だしをとがめられたり、振り回されても、
優しく美しい水城さんの笑顔と、淫蕩な体に、僕の心はすっかり絡めとられていたのだったー・・・