TAG 素人ギャラリー

素人エロ動画 マミ

#貪欲人妻のママ活

性欲旺盛の僕は学生生活を充実させるために、SNSでママ活をし始めた。
今日は何回か逢っている人妻マミさん。
まだまだ肌は綺麗だしチャーミングで可愛い女性だ。

ランチをご馳走になり、初めてホテルへ同伴した。
「今日はお願いがあるの、このカメラで撮ってほしいの…。」
ハンディカメラを手渡されマミさんに向ける。
ドキドキすると恥ずかしがる仕草が可愛い。
「いつも食事だけだから、今日はゆっくりしたいなあと思って。」

椅子に並んで座ると、手をさわってくるマミさん。
「なんかドキドキするなぁ…。」
手を取ってオッパイにあてるマミさん
柔らかな感触が手のひらに伝わってくる。
「ドキドキしてるのわかるぅ?」
「あっ、こうゆうのマズくないですか?」
僕の手をオッパイを揉むように動かし、ブラの中へと導く。
「大丈夫よ、これは不倫じゃないから。」

マミさんの手が股間に伸びて、ズボンの上からチ●ポをこすってくる。
「ねっ、チョットだけ。」
タイトスカートのスリットから伸びる生脚をからめ、チ●ポをギュッと握りしめてしごく。
「どんなパンツはいてるの?」
みるみるうちにズボンを脱がされ、モッコリパンツのチ●ポを揉まれてビンビンに勃ってしまった。
「なんか暑くなっちゃた。」
服を脱いで僕の股の間にひざまずき、チ●ポに手を伸ばしてくる。

「パンツ、噛んじゃおうかな。」
パンツを噛みながら、手を中に入れて揉まれてしまうビン勃ち生チ●ポ。
「見たくなっちゃった。」
あっと言う間にパンツを脱がされ、手コキでチ●ポをしごいてくる。
「先っちょだけ舐めていい?」
チ●ポの先をレロレロと舐められ、鈴口を舌で刺激してカリ首をパクリ。
「もっと感じてほしいなぁ。」
どんどんエスカレートしてくる人妻の誘惑。
僕はされるがままにコントロールされてしまう。

ベッドに寝かされ、チ●ポを握りジュパジュパとしゃぶってくる気持ちいい人妻フェラ。
「いっぱい舐めちゃうね。」
チ●ポをしゃぶりまくったマミさんは僕にまたがって、乳首舐め手コキで責めてくる。
W攻撃で僕のチ●ポはビンビン。
マミさんはパンティーを脱いで股を大きく拡げている。
「もっと近くに来てぇ。」
マ●コを手でこすって僕を誘ってくるいやらしい人妻。
ヌルヌルのマ●コに指を挿れて指マ●コで責める。
「もっと動かして…ああっ気持ちいい。」
激しく指を動かすとグチョグチョと音をたてて、お漏らしまでしてしまう淫乱なオマ●コ。

「ねぇ、チョットだけ挿れてみる?」
「それは不倫じゃないですか?」
「ゴム付ければ大丈夫よ。」
ビン勃ちのチ●ポにゴムを付けてくれるマミさん。
「半分だけ挿れて。」
正常位セックスでチ●ポを半分だけ挿れると、腰を動かして根元まで挿入してくる。
「ああっ、気持ち良く動いて…。」
キスをしながら、気持ちいいヌルヌルマ●コに激しく腰を振り、対面座位セックスで突きまくる。
「ああああっ、気持ちいい、イっちゃいそう。」
淫乱な人妻は腰をカクカクさせてイってしまう。

「ねぇ、横になって。」
騎乗位でチ●ポを挿れようとしながらゴムを外すマミさん。
「あっ、それはダメです。」
「なんで?こっちのほうが気持ちいいでしょ。」
生でズッポリと挿入されてしまい、僕はされるがままに犯●れる。
恥骨をクイクイと動かしてチ●ポをしごいてくるマ●コ。
キスをしながら更に根元まで責めてくる。
「ああっイイ、もっとしたいでしょ。」
四つん這いでエロいお尻を突き出してくる。
僕はマ●コにチ●ポを突き挿れ、下っ腹を抱えてパンパンと腰を振りまくった。
「ああああっダメ、イクっ。」

正常位セックスで思う存分に腰を振りまくり、臨界点の●玉は爆発寸前。
「あああん、このまま、もっと挿れて!」
チ●ポが抜けないように脚でロックされて、そのまま生で中出ししてしまった。
「あ~温かい…綺麗にしてあげるね。」
マミさんはイったばかりの敏感なチ●ポを握って、竿先に吸い付いてくる。
くすぐったい快感がチ●ポに襲いかかり、またビンビンになってしまう。
「いいよ、イっても…。」
玉舐め、激しい手コキフェラで責められ、僕は腰を突き上げてイってしまった。
「気持ち良かった?またしようね。」
こんなに気持ち良くしてもらって、お金がもらえるママ活は最高です!

素人エロ動画 ハル

#トー横界隈援交女子

トー●界隈に流れ着いた家出娘のハルちゃん。
今夜も街角に座ってスマホを打つ。
#アニメ声 #黒髪ロング #Z世代…
程なくアポを取ってきた男が現れ、繁華街を歩き出す。
「今日は何食べたの?」
「今日わあ、ドーナツとタピオカ。」
#タグ通りの甘いアニメ声の可愛い娘、それ系の男ならイチコロになる黒髪ロング、ゴスロリニーソ姿。
「だるいよおー、歩きたくない。」
「とりあえず部屋入ってゆっくりしようよ。」

繁華街から少し離れたホテルに入る。
「あし疲れたあ、普段歩かないからメチャ疲れた。」
「この後、遊びに行くの?」
「ノリで会えたら、会おうって感じ。」
椅子に座らせ、後ろからオッパイを揉みながら首筋に吸い付くと、すぐに息が荒くなってくる。
ハメ撮り用のカメラを取り、綺麗な顔立ちのアップを撮って、ミニスカニーソの股を開く。
モノトーン柄のパンティー、ぷっくらしたマン筋を指でこすると、気持ち良さそうな吐息を吐いている。
濃厚キスで舌を吸い、張りのあるオッパイを揉んで、ブラウスのボタンをはずす。
色白の大きなオッパイ、乳首もまだ綺麗で、コリコリと指でつまむと敏感に反応してくる。
「こうゆう事、よくしてるの?」
「んんっ、たまに…。」
巨乳の谷間に顔を埋めスリスリして、生チクビを舐めまくる。
乳首を吸い上げるたびにビクビクと反応し、可愛い喘ぎ声を出している。
「あっ…んんっ。」

立たせてスカートを捲り、パンティーの上からマン筋をこすり上げると、脚をカクカクさせながら感じている。
濃厚なキスをしながらパンティーに手を挿れて手マ●コ。
パンティーをずり下しパイパンのマン筋を指で責めまくる。
「はっはっ、はっはっ、あっ。」
ハルちゃんはガクッと腰を落としてイってしまう。
椅子の上に四つん這いでお尻を突き出させ、クンニでイクまでマ●コを舐め続ける。
「はうううぅー。」
イったマ●コを指マンで責めると、お尻をヒクヒクと痙攣させてまたイってしまう。

生チ●ポをノーハンドフェラでしゃぶり始めるハルちゃん、ゆっくりと口を動かし、じゅぽじゅぽと音をたてている。
頭を両手で抱えて美少女クチマ●コ。
喉奥にチ●ポを突き挿れた時の苦しそうな顔が実にいい。
椅子に座らせ、開いた股のおま●こに電マをあてる。
「はっはっ、はううぅ。」
電マはかなり感じるみたいで、ピンと張った乳首を電マで責めると、身体を縮めて悶えている。
続けて極太電動バイブをパイパンマ●コにねじ挿れる。
「あっあっあっあっ…!」
「これ、いいんだ。」
バイブの動きに合わせてヒクヒク動く恥丘、クリトリスに電マを当ててWで責めると身体をのけ反らしてイってしまう。

椅子の上でイったマ●コに、ビン勃ちチ●ポを挿入して腰を振る。
「うああぁぁぁ!あっ。」
脚を抱えて深いストロークでピストンすると、可愛いいアニメ声で喘ぎまくるハルちゃん。
パイパンマ●コからヌルヌルのマン汁が溢れ出てくる。
マン汁だらけのデカチ●ポをくわえさせ、気持ちいいフェラチオを再度楽しむ。

ニーソ以外全部脱いでもらい、立ちバックでデカチ●ポをはめて腰を突き動かす。
揺れるロングの黒髪、いやらしい黒ニーソの脚、腰と巨乳を掴んでパンパンと突きまくる。
イったマ●コを指マンでイかせて、ベッドに寝転び乳首舐めさせる。
カメラに映るエロ顔の美少女、可愛い舌でレロレロと乳首を舐めあげてくる。

ビン勃ちのデカマラにまたがり、騎乗位セックスでチ●ポを挿れてくるハルちゃん。
エロい表情でパイパンマ●コをこすりつけながら、激しく前後に腰を振っている。
「あっあっあっあっ、うくぅ。」
張りまくっている巨乳に吸い付き、対面座位セックスで下から突きまくる。
そのまま寝かして、正常位セックスでマ●コの奥を激しく責める。
ツルツルのパイパンマ●コはチ●ポをくわえ込み、ヒクヒクと反応している。
「あっあっあっあっ、うぐぅ~!」
イったマ●コを更に激しく突きまくり、同意なしの生中出し射精、パイパンのマン筋がキュッと締まる。
チ●ポを抜くと溢れ出す大量の精子、美少女のマ●コを汚したまま男は去って行った。

こうして今日も、トー●の夜は深い闇へと更けていく。

素人エロ動画 松田さん

#パーソナルトレーナー

今日の生徒はお尻がたるんできたとお悩みの松田さん。
スリムで清楚な女性だ。
「普段運動とかされていますか?」
「え~と家から会社まで歩くぐらい、ふふっ。」
八重歯の笑顔が可愛い女性である。

「このレンタルウェア、下着が透けて気になるんですけど。」
「このウェアしか無いんで…でも、とてもお似合いですよ。」
「わかりました、大丈夫です。」
まずは軽いストレッチから、腕を上に伸ばして上半身を動かす。
折れてしまいそうなぐらいスリムな身体だ。
続けてマットに座り柔軟運動。
めちゃくちゃ硬い…。
「これは、なかなかですね。」
早々に補助に入る。
背中に股間を押し付けながら荷重をかけ、バックリ開脚させて柔軟責め。

仰向けに寝てもらい、足を抱えて股間のストレッチ。
ピタパンに透けるパンティーを眺めながら太腿を触る。
女性のこんないやらしい姿を公然と見れるのが、この仕事の醍醐味だ。
「脚と腰はすごく柔らかいですね。」
尻筋に食い込むTバックのフリルと、マン肉を包むクロッチのいやらしさに興奮してくる。

準備運動は早々にしてスクワット、続けて腹筋へと筋トレしていく。
腹筋力は限りなくゼロに近く、顔を合わせて笑い合う。
「これは補助が必要ですね。」
松田さんにまたがり、股間に顔が当たるように手を引く。
「正面を向いたままですよ。」
起き上がるたびにモッコリを目の当たりにして、困惑する顔を見るのは実に楽しい。

体幹を鍛えるバランスボールに座らせ腰を回転させる。
パンティーが透けた形の良いお尻。
くねる腰がエロくてモッコリしてしまう。
「補助入りますね。」
両腕をつかみ上げ、顔の前にモッコリを突き出す。
「ちょっと、近くないですか?」
「今、しっかり支えているんで続けてください。」
腰をくねらせながら困惑する松田さん。

うつ伏せで両肘をつかせてつま先立ちで腹筋トレーニング。
「これは30秒キープしましょう。」
「えっ!」
身体が落ちてきたので、胸と下腹部を持ち上げるように補助する。
「あの手が…。」
「では、横の筋肉も鍛えましょう。」
横を向かせてオッパイを揉みながら抱きかかえ、太腿の付け根を手でロックする。
「ああっ…なんか手の位置がおかしくないですか?」
「今度は反対向きで、そのまま身体を上げましょう。」
お尻を抱き抱えて、スリスリと触りまくり、マン肉を揉み込む。
「あああっ、ちょっと…。」

「では、筋肉の具合をチェックします。」
開脚させて座らせ、後ろから身体を触りまくる。
「イイ感じに筋肉がついてきましたね。」
オッパイとマ●コを重点的にこすり上げてマッサージしていく。
「運動後のアフターケアはとても大事なんです。」
「はうぅぅ、これ皆さんにも同じことしてるんですか?」
「はい、これが人気で予約するお客様がたくさんいます。」
顔を押えて強引に濃厚キス。
ブラをずらして敏感そうな乳首を刺激する。
手を頭の上に組ませて自由の効かないポースで乳首を吸いまくる。
「ああああっ、そこは大丈夫なんで…。」

「次はお尻です。ここもたくさん使いましたからね。」
四つん這いにして、ピタパンツに手を挿れ生尻肉を激しく揉みまくる。
「ああっ、手を挿れないでください。」
「では直接やりますね。」
ピタパンを脱がして尻筋が拡がるように揉むと、お尻をヒクヒクと反応させる松田さん。
パンティーをずらし、マン筋を指でマッサージしていく。
「ああっ、そんなとこ…。」

M字開脚で寝かせて指マ●コ。
膣筋がきゅっと指を締め付ける。
「あうううっ…。」
「チカラを抜いてくださいね。」
指の動きをどんどん速めていき、マン汁がジュボジュボとあふれ出るまで膣中を責める。

「つぎは顔のトレーニングをしましょう。」
女の子座りにさせて頭を押え、生チ●ポくわえさせて腰を振る。
「フェイスラインが引き締まりますよ。」
「んぐっ、んぐっ、んぐっ…」
「自分で動かしてみましょうか。」
僕の腿に手をつき、ノーハンドの気持ちいいフェラチオ。
濃厚ベロキスで激しく舌を絡ませると、松田さんはトロンとした目になってくる。

そのまま押し倒してクンニでマ●コを舐め上げ、正常位でか細い身体にビン勃ちチ●ポを突き挿れる。
「ああああっ、中は…。」
「中からのほうが効率が良いんですよ。たくさん突きますね。」
腰をつかんでガンガンと突きまくり、松田さんは腰を突き上げて痙攣イキしてしまう。
身体を抱き起こし、対面座位セックスで濃厚キスをしながらチ●ポを突き動かす。
「あああっ、ダメダメ、イクぅー!」
そのまま騎乗位セックスで腰を振らせ、太腿の付け根の敏感な部分をつかんでグリグリとチ●ポをこすらせる。
「ああっ、ダメ!奥当たってるから…。」
M字開脚させてピストン運動。
スクワットの効果が出ているようなので高速で激しくチ●ポを突き上げる。
「あああっ止めて!おかしくなっちゃう。」

四つん這いにしてパンティーを脱がし、バックからビンビンのチ●ポを深くまで挿れる。
両腕を引っ張りマ●コの奥を激しく突きまくり、松葉崩しで角度を変えて膣壁を責める。
「あああっ、もうダメ…。」
正常位にしてマ●コを突きまくると激イキしてしまう松田さん。
「お客様、最後に僕のプロテインを注入しますね。」
「ああああっ、イっ…。」
くびれた腰をつかんでマ●コをガンガン突きまくり、生中出しで精子を注入する。
「以上で本日のトレーニングは終了です。」
「ハア、ハア、ハア…。」
「またのご予約をお待ちしております。」
数日後、松田さんはまた予約を入れてリピーターとなった。